文字

北陸から九州北部で「春一番」 雪から一転、気温上昇

 気象庁は14日、北陸と中国、九州北部で「春一番」が吹いたと発表。昨年より北陸は3日、中国は8日、九州北部は2日早い春一番となった。北陸では13日まで雪が続いたが、気温が上昇しており、強風や雪解けによるなだれに注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、低気圧が日本海で発達しながら東へ進んだため、低気圧に向かって暖かい南寄りの風が吹き込んだ。

 瞬間風速は金沢市で16・9メートル、鳥取市で14・4メートル、長崎市で13・4メートルを観測。最高気温も長崎市で13日より6・6度高い14・7度を記録するなど、各地で13日に比べ3〜9度上がり、3月並みの陽気になった。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.