文字

東証3日続落、業績懸念 一時2万1千円割れ

 東京証券取引所

 14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日続落した。一時は300円近く下げ、取引時間中として約4カ月ぶりに2万1000円を割り込む場面があった。円高ドル安の進行に伴う企業業績の伸び悩みが懸念され、売り注文が優勢になった。

 2017年10〜12月期の実質国内総生産(GDP)は力強さに欠けると受け止められ、相場を押し上げる効果をもたらさなかった。

 終値は前日比90円51銭安の2万1154円17銭で約4カ月ぶりの安値水準。東証株価指数(TOPIX)は14・06ポイント安の1702・72。出来高は約18億4200万株。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.