文字

京文化色濃い「虫明焼」の背景 岡山県立博物館特別展で講演会

 江戸後期、京焼の流れをくみ現在の瀬戸内市で始まった虫明焼。岡山県立博物館(岡山市北区後楽園)で開催中の特別展「むしあげ 岡山に花開いた京の焼物」を共催する茶道資料館(京都市)の橘倫子学芸主任が講演し ...

この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。
カテゴリ:

【くらし・文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.