文字

アルペンの湯浅が1月に左膝手術 五輪出場には影響なし

 湯浅直樹

 【平昌共同】平昌冬季五輪のアルペンスキー男子回転に出場する湯浅直樹(スポーツアルペンク)が、1月に左膝の遊離軟骨を除去する内視鏡手術を受けていたことが14日、分かった。全日本スキー連盟(SAJ)の滝下靖之ヘッドコーチが明らかにした。2月に入ってから雪上トレーニングを再開しており、五輪出場に影響はないとしている。

 男子回転は22日に行われる。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.