文字

無人島貸し切りキャンプ場開業 宇野港土地、4月倉敷・竪場島に

宇野港土地が貸し切りのキャンプ場を開業する竪場島

 不動産賃貸の宇野港土地(玉野市宇野)は13日、通称「くじら島」と呼ばれる瀬戸内海の無人島・竪場島(たてばじま、倉敷市)に、4月28日に1日1組限定の貸し切りキャンプ場を開業すると発表した。日常から離れた無人島で、海遊びや魚釣りをするレジャーを提案する。

 旅行会社のJTB(東京)などが地方で体験活動を創造する「ビレッジング」事業の第1弾。宇野港土地はキャンプ場の整備や運営を行い、JTBは情報発信を担う。

 竪場島は倉敷市児島沖約2キロにあり、広さは約12ヘクタール。宇野港土地が昨夏、個人から購入した。開業までにウッドデッキやシャワー室、トイレ、アウトドアキッチンなどを整備。寝泊まりできるテント10張りをそろえる。

 1日の収容人数は4~80人の予定。貸し切りで魚釣りや花火、音楽イベントを楽しめるほか、結婚式などの用途も想定。シーカヤック、立ったままこいで進むスタンドアップパドルボード、サンセットクルーズなどのオプションを用意する。

 利用料(税別)は宿泊が大人1人2万円、日帰りが同1万円。ペットも有料で利用できる。同島までは同社が宇野港(玉野市)から送迎する。

 同社は「瀬戸内海の多島美を眺めながら、無人島でしかできない体験をしてもらいたい」としている。

 13日に予約受け付けを始め、16日からは開業式典(4月14、15日)の参加権や利用割引などを特典にしたクラウドファンディングを行う。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.