文字

備前市長らを22日証人喚問 内部文書流出疑惑で市議会百条委

 備前市所有の旧大型商業施設アルファビゼン(同市西片上)に関する市の内部文書が外部流出しているとの疑惑解明などを目的とした市議会百条委員会が13日開かれ、田原隆雄市長ら2人を22日に証人喚問すると決めた。

 13日の委員会では、流出した内部文書を市内の各所で配ったという男性1人を証人喚問。文書は市監査委員の資料などとみられ、男性は2015年当時に市議だった田原市長から受け取ったと証言した。田原市長は昨年12月の本会議などで外部に漏らしたことを否定しているが、監査委員を務めた経験もあるため、証人として呼ぶことにした。

 22日の証人喚問では、流出文書の一部を見たことがあるとされる監査委員事務局の元職員1人も呼ぶ。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.