文字

京都で復曲能「吉備津宮」上演 能楽師林さん 厳かな舞で観衆魅了

厳かな舞で観衆を魅了した「吉備津宮」=京都観世会館

 吉備津神社(岡山市北区吉備津)の縁起を主題とし、昨春復曲された古典能「吉備津宮」が12日、京都観世会館(京都市左京区)で上演され、約360人の観衆を魅了した。

 岡山で能を指導する傍ら、復曲を手掛けた観世流能楽師の林宗一郎さん(38)=京都市=が昨年5月、後楽園能舞台(岡山市北区)で初演して以来、2度目の公演。林さんがシテ(主役)を務めた。

 林さんは同神社にまつられる岩山の神扮(ふん)する老人として登場し、神社の成り立ちを語った。後半は吉備津彦命(みこと)が温羅(うら)を退治し天下太平を祝う舞を厳かに披露し、ファンを引き込んだ。大蔵流狂言師の田賀屋夙生(はやお)さん(笠岡市)らによる同神社の鳴釜神事を描いた間(あい)狂言もユーモラスな演技で注目された。

 公演に先立ち、林さんと吉備津宮を監修した能楽研究者の松岡心平・東京大教授(岡山市出身)が対談。中世または江戸中期に成立し、廃曲となっていた演目復曲の経緯や見どころを語った。上演後、林さんは「見られた方の声を聞き、今後50年、100年と続く演目となるよう磨きを掛けたい」と話していた。
カテゴリ:

【くらし・文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.