文字

シーガルズ8連勝、2位以上確定 トヨタ自動車にストレート勝ち

第1セット、岡山シーガルズの渡辺真恵(左)がブロックをかわし、アタックを決め、9―7とする=西尾市総合体育館

 バレーボールV・チャレンジリーグ1部女子は11日、愛知県の西尾市総合体育館などで3試合があり、2位岡山シーガルズは3―0で4位トヨタ自動車を下し、8連勝とした。通算13勝1敗で勝ち点38となり、4試合を残し2位以上が確定。優勝争いは、シーガルズと勝ち点40で首位のPFUに絞られた。

 シーガルズはサーブレシーブが安定し、セッター宮下が多彩な攻撃を仕掛けた。第1、第2セットはともに相手を14点に抑えて圧倒。新人の吉岡、内定選手の西村らを起用した第3セットは23―24とされたが、金田の強打、新人の田口のブロックなどで逆転で奪った。

 シーガルズは17、18日、赤磐市の山陽ふれあい公園体育館で今季最後のホームゲームに臨み、KUROBE、JAぎぶと対戦する。

▽女子

岡山シーガルズ3―0トヨタ自動車
      25―14
      25―14
      27―25

 【評】岡山シーガルズはブロックで15得点と要所で相手の勢いを断ち切り、快勝した。センター川島、ライト渡辺らが執拗(しつよう)なブロックを見せ、リベロ丸山を中心に守りも分厚く、相手のアタック決定率を24・8%に低下させた。第3セットこそもつれたが、出だしの2セットを大差で奪っており、優勢は揺るがなかった。

 トヨタ自動車はアタックで10失点するなどミスが目立った。
カテゴリ:

【シーガルズ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.