文字

「にーみん」新見市PR動画出演 市民100人と撮影、3月完成

新見市防災公園で行われた動画撮影会=1月27日

 新見市のマスコットキャラクター・にーみん。千屋牛の赤ちゃんの設定で全身ピオーネ色、おなかには桃をかたどった毛―と市の特産をアピールする人気者の誕生日(2月13日=に・いみ)に合わせ、市内ではさまざまな取り組みが広がっている。

  ◇

 新見市は、にーみんのPR動画を作成している。市内では関連グッズが続々誕生しており、動画を市ホームページなどにアップして全国区の人気獲得を目指す。

 市防災公園(石蟹)で1月27日にあった撮影会には、市民ら約100人が参加。小型無人機ドローンを含むカメラ5台が構える中、動画用に作られたオリジナル曲に合わせ、ダンス指導者・高羽美珠穂さん=哲多町宮河内=が考案した振り付けを全員で踊った。

 曲は軽快なリズムで「おいでにーみん、にーみん」「笑顔が1番さ」などの歌詞でアピール。高羽さんは「曲に繰り返しのフレーズが多くて耳に残り、ダンスではステップやジャンプなど子どもたちが楽しめる動きを取り入れた」。

 “にーみんダンス”に初挑戦した小学5年の男の子は「覚えやすく、すぐ踊れた。大好きなにーみんをもっと多くの人に知ってほしい」と話していた。

 動画は3月下旬の完成予定。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.