文字

福山でチャレンジャーズマルシェ 起業支援第1弾 まんじゅう実演販売

マルシェ第1弾として出店したまんじゅうの移動販売車

 備後圏域の中小企業や個人事業主の相談支援機関「福山ビジネスサポートセンターFuku―Biz(フクビズ)」などが、創業希望者や起業したばかりの事業者らにテスト販売の場を提供する「チャレンジャーズマルシェ」が6日、福山市西町のエフピコRiMでスタート。市内の菓子店がまんじゅうの実演販売を行った。

 2015年から福山、笠岡市などで和菓子の移動販売を行っている「円(まどか)」が1階入り口付近に出店。調理具を備えた車で焼き上げた「まどか焼」を1個100円で販売した。粒あんと練乳入り粒あん、カスタードクリーム入りがあり初日は予定の約80個を完売した。

 2月中の火曜、土曜日に店を開く予定で、延長する場合もある。山根愛店長(28)は「どういう客層にどんな味が受けるのか見極めたい。大型商業施設前での出店は初めてで、リピーター獲得にもつながれば」と話していた。

 マルシェはエフピコRiMを管理するリム・ふくやまオフィスとの共同企画。フクビズの利用者を対象に行い、第2弾は市内のベンチャー企業が3Dプリンターを使ったおもちゃを販売する予定。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.