文字

里庄町長に加藤氏が無投票初当選 「町民の幸せのために取り組む」

無投票で初当選を決め、花束を掲げる加藤氏(左)

 任期満了に伴う岡山県里庄町長選は16日告示され、無所属新人で元副町長の加藤泰久氏(57)=自民、公明推薦=のほかに立候補がなく、無投票で初当選が決まった。同町長選で無投票となるのは2002年以来16年ぶり。

 午後5時に立候補の受け付けが締め切られ、当選の知らせを受けた加藤氏は、同町里見の選挙事務所で支援者ら約170人(事務所発表)とともに万歳。「少子高齢化は進み、財政も楽観できる状況ではない。近隣市町と連携を深め、町民の幸せのために取り組んでいく」と抱負を述べた。

 加藤氏は、今期限りでの引退を表明した大内恒章町長(67)の後継候補として、昨年9月に出馬表明した。同月末で副町長を辞職後、小中学校へのエアコン整備といった教育環境の充実、JR里庄駅前や基幹町道の整備などを訴えてきた。

 加藤 泰久氏(かとう・やすひさ)1983年から里庄町職員。総務課長、町民課長などを経て、2014年6月から17年9月まで副町長。大阪経済大卒。里見。
カテゴリ:

【選挙】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.