文字

逃げた鑑定入院患者を確保 岐阜の関係者宅で

 名古屋市千種区・愛知県精神医療センター、岐阜県可児市

 名古屋市千種区の愛知県精神医療センターから、鑑定入院中だった20代のブラジル国籍の男性患者が13日に無断でいなくなった問題で、愛知県警などは14日午後、岐阜県可児市の関係者宅で男性を見つけ、身柄を確保した。名古屋地検の車両でセンターに移送され、再び鑑定入院した。

 センターによると、男性は落ち着いた様子でけがもないが、いなくなった理由については答えていないという。

 千種署によると、以前の捜査情報から男性が関係者宅にいる可能性が浮上し、捜査員が訪れたところ、男性がいることを確認。地検に連絡し、身柄を確保した。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.