文字

バス事故発生2年、再発防止願う 軽井沢、現場で献花

 スキーバス転落事故から2年を前に、現場を訪れ手を合わせる法政大特任教授の尾木直樹さん=14日午後、長野県軽井沢町

 大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で2年となる。発生時刻が目前に迫った14日、犠牲者が通っていた大学の関係者や当時救急に当たった地元消防の職員らが事故現場を訪れ、再発防止を願って献花した。

 佐久広域連合消防本部の柴崎好広消防次長(58)は「当時たくさんの隊員が活動していたことを思い起こした。二度とあのような事故を起こさないでほしい」と語った。昼すぎには、ゼミの学生4人を亡くした教育評論家で法政大特任教授の尾木直樹さん(71)も訪れ、転落現場に向かって手を合わせた。

 事故は2016年1月15日未明に起きた。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.