文字

チェコ大統領選、現職に逆風か 26〜27日に決選投票へ

 【ウィーン共同】チェコ大統領選は13日、開票が終了し、再選を目指す現職のミロシュ・ゼマン氏(73)が38・56%を得票し首位となった。当選には過半数の得票が必要で、26・60%を得たチェコ科学アカデミー元総裁のイジー・ドラホシュ氏(68)との上位2候補による決選投票が26〜27日に行われることになった。

 大統領には政策的に大きな権限はないが、ゼマン氏はロシアや中国寄りの姿勢や欧州連合(EU)に反発する発言などで物議を醸してきた。都市部の知識層などの反発がゼマン氏に逆風となっており、決選投票はドラホシュ氏に有利との見方が出ている。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.