文字

鑑定入院の患者いなくなる、愛知 名古屋の精神医療センター

 鑑定入院中の男性患者が無断でいなくなった愛知県精神医療センター=13日午後9時40分、名古屋市

 13日午後0時50分ごろ、名古屋市千種区の愛知県精神医療センターから、鑑定入院中だった20代のブラジル国籍の男性患者が無断でいなくなったと110番があった。男性は傷害事件を起こしたが、不起訴処分になっていた。愛知県警などが男性を捜している。

 センターによると、職員が閉鎖病棟の2階から男性とみられる黒っぽい服の外国人が飛び降りるのを目撃。男性トイレの窓が破損しており、鍵を壊し外に出たとみられる。捜索中の職員が近くの交差点で見つけ声を掛けたが、走って逃げたという。

 男性は身長約180センチで短髪。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.