文字

東山峠で15日から県道交互通行 岡山牛窓線、のり面保護工事で

 岡山市は、同市中心部と西大寺地区を結ぶ県道岡山牛窓線・東山峠で、のり面保護工事に伴って15日から一部区間を片側1車線の交互通行にする。期間は2月22日までで、朝夕のラッシュ時に渋滞の発生が予想されるため、市はドライバーに迂回(うかい)を呼び掛けている。

 区間は同市中区門田文化町―湊の約130メートル。防護柵の撤去作業をするためで、大型クレーン車や資材の移動が必要となる19日~2月2日は終日、他の期間は午前9時~午後5時に規制する。

 同区間の南側のり面では、2013年6月に落石が発生。今後も落石の可能性があり、のり面の一部を削ってコンクリートで保護する工事を16年7月から実施している。今年3月末に終了予定。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.