文字

渡部兄弟の日本Aは6位 スキーW杯複合団体第2戦

 団体第2戦スプリントの後半距離でリレーする渡部善斗(左)と渡部暁斗=バルディフィエメ(共同)

 【バルディフィエメ(イタリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は13日、イタリアのバルディフィエメで団体第2戦スプリントが行われ、渡部善斗、渡部暁斗(ともに北野建設)の日本Aは6位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS135メートル)で渡部善が127メートル、渡部暁は123・5メートルを飛んで3位につけ、トップと17秒差で出た後半距離(15キロ)は途中まで3位争いに加わったが、順位を落とした。飛躍で首位に立ったエリック・フレンツェル、ビンツェンツ・ガイガーのドイツBが優勝した。

 渡部剛弘(ガリウム)山元豪(ダイチ)の日本Bは12位。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.