文字

大戦時、英王室宝石を地中に隠す ナチス警戒、缶に入れ

 【ロンドン共同】第2次大戦中の1940年ごろ、ナチス・ドイツが英国に侵攻する万一の事態を警戒し、英国王室に伝わる貴重な宝石がビスケットの缶に入れられ、ロンドン郊外にあるウィンザー城の地中に隠されたことが明らかになった。12日付の英紙タイムズが伝えた。

 現在のエリザベス女王の父で当時の国王ジョージ6世が宝石を隠すよう命じたことが、王室の司書から国王の母親のメアリー王妃に宛てた書簡に記録されていた。宝石はその後無事回収されたとみられる。

 隠されたのは英王室に伝わる王冠に付いているサファイアやルビー。ウィンザー城の門付近に深い穴を掘り、缶に入れて保管された。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.