文字

アルペン、須貝は29位で初得点 W杯男子複合

 男子アルペン複合 回転の須貝龍=ウェンゲン(共同)

 【ウェンゲン(スイス)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、スイスのウェンゲンで男子アルペン複合第2戦が行われ、26歳の須貝龍(クレブ)は合計タイム2分40秒67で29位に入り、自身初のW杯得点(30位以内)を獲得した。1回目滑降は54位で、棄権が多かった2回目回転は22位だった。

 28歳のビクトル・ムファジャンデ(フランス)が合計2分35秒29でW杯初勝利を挙げた。パベル・トリヒチェフ(ロシア)が2位で、ペテル・フィル(イタリア)が3位だった。
My記事保存
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.