文字

カヌー薬物混入で捜査、石川県警 偽計業務妨害容疑

 昨年9月に石川県小松市で開かれたカヌー・スプリント日本選手権で小松正治選手(25)=愛媛県協会=が飲み物に禁止薬物を混入された問題を巡り、石川県警が偽計業務妨害や窃盗の容疑を視野に捜査を進めていることが12日、県警幹部への取材で分かった。

 小松選手は禁止薬物混入のほか、パドルなど競技で使用する道具の盗難を石川県警に相談し、県警は盗難被害については被害届として受理。薬物混入の事実関係についても、鈴木康大選手(32)=福島県協会=から任意で事情を聴くなど慎重に捜査を進めている。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.