文字

岡山市議会議長の辞職を勧告 自民市議団、会派退会も

 自民党岡山市議団は12日、申し合わせ任期(2年)に反して議長を続けている宮武博氏(自民)に、議長の辞職と会派からの退会を求める勧告書を提出した。宮武氏は応じない方針。

 勧告では、宮武氏が同日の1月臨時会(会期は1日)をめどに辞職することを前提に、同市議団が主導して昨年8月定例会で議長信任決議をしたにもかかわらず、辞表を提出しないのは会派への裏切り行為などとしている。臨時会閉会後、団長の和気健氏が議長室で宮武氏に渡した。

 勧告に対し、宮武氏は「自民党市議団の正常化が図られない限り、辞めない」と説明。和気氏は「議長が市議会の申し合わせを守らない異常事態が続いている。引き続き辞職を求める」と述べた。

 同市議会では、自民党市議団内の対立から議長人事が混乱。昨年5月臨時会で議長不信任決議案、同6月定例会で議長辞職勧告決議案を可決している。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.