文字

深山公園にソシンロウバイ咲く 甘い香りで来園者に癒やし

深山公園で咲いているソシンロウバイ

 玉野市の深山公園でロウバイの一種・ソシンロウバイが咲いている。寒に入り、市内でも厳しい冷え込みが続く中、半透明で光沢のある黄色い花びらと独特の甘い香りが来園者を癒やしている。

 ロウバイは中国原産の落葉低木。ろう細工のような花姿、ウメに似た香りが名前の由来とされる。ソシンロウバイは花が直径約2センチとやや大きいのが特徴の品種。深山公園には赤松池近くの駐車場南西にある。

 来園者はそっと顔を近づけて香りを楽しんだり眺めたり。家族で訪れた岡山市南区の主婦(54)は「とてもいい香り。夕日に当たってきれいに透けている」とじっくり見入っていた。

 昨年12月中旬に寒い日が続いたため、花の開きは例年に比べて1週間ほど遅れ気味という。12日現在で八分咲き。公園を管理する市公園緑化協会は「週が明けると気温が高めの日が続くようなので、来週末には満開になりそう」と話している。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.