文字

衛星「しきさい」、画像を公開 プランクトンの量くっきり

 地球観測衛星「しきさい」が捉えた関東地方の画像。利根川河口から房総半島の沿岸部や東京湾が緑色で明るくなっており、プランクトンなど粒子状の物質が多いことが分かる。白は雲(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、昨年12月に打ち上げた地球観測衛星「しきさい」が捉えた画像を公開した。250メートル四方の細かい領域ごとにさまざまな物質を観測できるのが特徴で、関東沖ではプランクトンの量がくっきりと写り、インド周辺の上空にちりが多いことが分かる。

 関東地方を撮影した画像では、茨城、千葉両県にまたがる利根川河口から房総半島南部にかけた沿岸部や東京湾が緑色で明るくなっており、プランクトンなど粒子状の物質が多く分布している様子が分かる。
カテゴリ:

【科学・環境】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.