文字

<大ヒット盤>Various Artists『Shizuka Kudo Tribute』 工藤のヒット曲を男性声優たちがカバー

 Various Artists『Shizuka Kudo Tribute』

 2017年はソロ30周年として、全曲新曲のアルバムや記念LIVEなど盛んに活動した工藤静香。彼女のヒット曲を男性声優たちがカバーしたのが本作だ(前述のLIVEの映像ソフトも同時発売)。

 全7曲、男女逆転カバーゆえ原曲をさほど意識せずに聴ける。そうすると、やはり浮き彫りになるのが声のイケメンぶりで、どれも人気アニメの劇中歌のようだ。また、後藤次利や中島みゆきなどが手掛けた楽曲が、時を経ても色あせないことにも気づかされる。

 その中で、熱唱している3曲と、王子様キャラ全開の4曲に大別されるように感じた。前者は、『抱いてくれたらいいのに』『めちゃくちゃに泣いてしまいたい』『Blue Velvet』で、どれも工藤静香ファンじゃないかと思うほど力強い歌声が印象的。他方、後者は、80年代〜90年代のキラキラ感に溶け込むような歌声で、こちらも原曲や本人へのリスペクトを感じた。

 いずれにせよアニメに疎くても楽しめる逸品。本作を聴くと、実力を備えていれば、本気でぶつかっても、場に溶け込むよう臨んでも、良い形になることを学ぶはず。

(ポニーキャニオン・2315円+税)=臼井孝

【エンタメカルチャー】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.