文字

年間通して何かの「○○の日」が…

 年間通して何かの「○○の日」がある。きょうは「風邪の日」。1795(寛政7)年のこの日、横綱の谷風梶之助が、“はやり風邪”で命を落としたことに由来する。いまで言うインフルエンザとみられる▼当時の錦絵などを見ると相当の巨漢だ。通算258勝14敗。抜群の強さで相撲人気をもり立てた。人格にも優れ、横綱の模範とされたが、病気にはかなわなかった。当時の人々は、あらためてインフルエンザの怖さを思い知ったことだろう▼現在の角界も、怖い不祥事のウイルスに次々と感染しているようだ。世間を騒がせた横綱日馬富士関による暴行事件は、関係者の処分を終えた。だが、これで一件落着とはいくまい▼騒動を通して、日本相撲協会の対応の遅れや、理事を解任された貴乃花親方と協会執行部の確執があらわになった。現場にいながら防げなかった2人の横綱の自覚も問われた▼そんな中、今度は立行司のセクハラ行為が飛び出した。昨年12月の冬巡業の宿泊先で泥酔してのことという。立行司といえば、土俵を支える最高位。どこまで気が緩んでいるのか▼昨年は21年ぶりに年間6場所の全てが満員御礼だった。そんなファンに土俵のうちそとを凝視される14日からの初場所は、相当の覚悟で臨むしかあるまい。角界挙げた仕切り直しは、もう「待ったなし」である。

【滴一滴】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.