文字

羽ばたけファジ 新エンブレム発表 躍動感あふれるデザイン

発表されたファジアーノ岡山の新エンブレム(右)。左側の現エンブレムのキジがさらに躍動感あふれるデザインに

 サッカーJ2ファジアーノ岡山は15日、J2参戦10年目となる2018年シーズンに向け、新エンブレムを発表した。チーム名のキジ(イタリア語でファジアーノ)が羽ばたき、躍動感あふれるデザイン。変更は04年のクラブ発足以来初めてで、新たなシンボルの下、J1昇格を目指す。

 現エンブレムから引き継いだキジは盾形の枠をはみ出して大きく羽を広げ、力強さを強調。12枚の羽根はサポーターの背番号「12」を意味し、ともに歩んでいく姿勢を示している。背景の色はチームカラーの“ファジレッド”のみから、瀬戸内海の海を表す青を加えた2色とした。

 制作はJリーグに依頼。クラブがコンセプトを伝え、外枠が桃の形をしたデザインなど提案のあった8種類から選んだ。エンブレムとともに、チーム名のロゴの字体も筆記体風に変更した。ともに来年1月から、新しくするユニホームなどで使用する。

 岡山市の政田クラブハウスで会見した木村正明社長は「『12』という数字に強くこだわった。このエンブレムの下でサポーター皆さまと歴史をつくっていきたい」と話した。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.