文字

美作大キャンパスでXマスイルミ LED5万個できらめくツリー

キャンパスを内を幻想的な光で彩ったイルミネーション

 津山市北園町の美作大・短期大学部で6日夜、恒例のイルミネーションの点灯が始まった。今年は過去最多となる約5万個のLED(発光ダイオード)電球を使用し、キャンパス内を幻想的な光で演出。学生らが一足早いクリスマス気分を楽しんでいる。25日まで。

 正面玄関前ロータリーには約7千個の電球でかたどったメインツリー(高さ約4メートル)がお目見え。光るボールを転がしてゲームのように遊べたり、同大付属幼稚園児が描いたイラストを照らし出したりするオブジェも設置された。100周年記念館の屋上からつり下げられた高さ24メートルのツリーは圧巻で、ひときわ目立っている。

 この日午後5時40分ごろから正面玄関で点灯式が行われ、カウントダウンとともに一斉にライトアップ。大歓声が上がり、家族連れらが記念撮影を楽しんでいた。家族と訪れた地元小学校の5年女子(11)は「毎年楽しみにしている。どのイルミネーションも色合いがきれいでうっとりした」と話した。

 イルミネーションは、幼児教育学科の学生が主体となり、地域交流などを目的に2005年から毎年行っている。点灯時間は午後4時半~9時。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.