文字

マリナーズなどが契約金を増額 大谷争奪戦で優位を狙うか

 日本ハムの大谷翔平選手

 【ロサンゼルス共同】ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)と交渉したマリナーズ、エンゼルスが6日、ともにツインズとトレードし、25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金の枠を100万ドル(約1億1千万円)増やした。争奪戦で優位に立つことを狙ったもよう。

 AP通信によると、マリナーズは255万7500ドル、エンゼルスは231万5千ドルとした。大谷と交渉中の7球団ではレンジャーズが最高の353万5千ドルでジャイアンツ、ドジャース、カブス、パドレスが30万ドルとされる。
カテゴリ:

【大リーグ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.