文字

岡山県がインフル注意報発令 今季初 手洗い、マスク着用徹底を

 岡山県は7日、今季初のインフルエンザ注意報を発令した。昨季の発令(12月1日)より6日遅く、「急に気温が下がり、空気も乾燥しやすくなっている。手洗いやマスク着用の徹底を」と注意を呼び掛けている。

 最新の調査(11月27日~12月3日)で県内84医療機関の1施設当たりの患者数が1・37人となり、発令基準(1人)を上回った。保健所別では倉敷市(2・31人)、岡山市(1・91人)、備中(1・33人)など。

 今月3日までに84医療機関で確認された患者は230人。0~6歳が全体のほぼ半数を占めた。検出されたウイルスは2009年に流行した当時の新型が3件、A香港型が1件だった。

 県は7日、関係各課の連絡会議を開いて発生状況や対策を確認。県健康推進課は「予防接種は効果が出るまで2週間ほどかかるため、流行が本格化するとみられる今月中旬までに受けてほしい」としている。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.