文字

岡山大病院で脳死腎移植始まる 慢性糸球体腎炎の40代男性へ

 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)で6日午前、慢性糸球体腎炎を患う40代男性への脳死腎移植手術が始まった。

 手術は泌尿器科の荒木元朗講師が執刀し、片方の腎臓を移植。午前11時29分に始まっており、約5時間で終わる見込み。男性は1991年から血液透析による治療を続け、2001年8月に日本臓器移植ネットワークへ登録した。

 移植ネットによると、脳死ドナー(臓器提供者)は岡山大病院に、肺動脈塞栓(そくせん)症で入院していた30代の女性。書面による提供意思は示していなかったが、家族が承諾した。ほかに、もう片方の腎臓、肝臓、膵臓(すいぞう)が提供された。岡山県での脳死ドナーは9人目。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.