文字

岡山県文学選奨の入選決まる 現代詩の田中さん4人

写真左上から時計回りに田中淳一さん、林良三さん、原洋一さん、馬屋原純子さん

 岡山県、県文化連盟などは17日、第52回県文学選奨の入賞作品を発表した。最高賞の入選は全8部門のうち、現代詩、短歌、俳句、川柳の4部門で各1点が選ばれた。表彰式は29日、県庁で行われる。

 現代詩は会社員田中淳一さん(62)=瀬戸内市=の「介護老人保健施設(ろうけん)にて/巡回/とむらひ」。介護施設への入所から退所までを描いた連作で、全作に底通するヒューマニズムなどが評価された。

 短歌(10首1組)は、瀬戸内海の港町の風景を情感豊かに詠んだ林良三さん(76)=玉野市=の「港町・夏」。俳句(10句1組)は真夏の汗をテーマに、みずみずしい句を連ねた馬屋原純子さん(67)=井原市=の「汗滂沱(ぼうだ)」が輝いた。川柳(同)は、亡き母との大戦中の思い出に今日の世相を重ねた原洋一さん(75)=鏡野町=の「平和」が受賞した。

 小説A(中編)、小説B(短編)、童話・児童文学は入選がなく、次点の佳作計4点が選ばれた。随筆は入選、佳作とも該当なし。

 今回は、県内外の16~94歳から計442点の応募があった。準佳作を含む40点は来年3月発行予定の作品集「岡山の文学」に収録される。

 佳作は次の通り。(敬称略)

 【小説A】「人魚姫の海」安住れな(本名非公表、岡山市)【小説B】「見えないもの」延谷由加里(岡山市)【童話・児童文学】「アキラの日」浜博昭(同)「赤いピアノとおばあちゃん」岩井悦子(同)
カテゴリ:

【文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.