文字

16年ぶりGDP7期連続増 実質年1・4%プラス成長

 実質GDPの増減率推移

 内閣府が15日発表した7〜9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・3%増、年率換算では1・4%増となり、16年ぶりに7四半期連続のプラス成長を記録した。個人消費は7四半期ぶりに減少したものの、好調な海外経済を背景に輸出が伸びて成長をけん引した。

 連続でのプラス成長は、IT景気で1999年4〜6月期から2001年1〜3月期まで8四半期続けてプラスを維持した時以来の長さ。12年12月に始まった現在の景気拡大は高度成長期の「いざなぎ景気」を超えて戦後2位の長さに達したとみられており、GDPにもこうした持続性が反映された。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.