文字

米司法長官、偽証の疑いも 対ロ接触「忘れていた」

 米下院司法委員会の公聴会で証言するセッションズ司法長官=14日、ワシントン(ロイター=共同)

 セッションズ米司法長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】セッションズ米司法長官は14日、下院司法委員会の公聴会で、ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑について証言した。トランプ陣営の元外交顧問が昨年春、トランプ氏とロシアのプーチン大統領の面会を提案した事実を隠していたことを追及され「忘れていた。メディア報道で会話を思い出した」と釈明した。

 セッションズ氏は6月の前回公聴会でトランプ陣営とロシア側の接触について「認識していない」と断言。今回も「真実しか述べていない」と主張したが、次々と変遷する証言内容に偽証の疑いが浮上している。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.