文字

元祖きびだんご3種セットを一新 廣榮堂、定番と「白桃」「抹茶」

組み合わせを変え、リニューアルした元祖きびだんご3種セット箱

 和菓子製造・販売の廣榮堂(岡山市中区藤原)は、組み合わせを一新した「元祖きびだんご3種セット箱」を発売した。定番の「元祖きびだんご」と岡山県産を使った「白桃」、外国人観光客に人気の「抹茶」で、新たな岡山土産として売り出す。

 3種10個ずつを、絵本作家五味太郎氏のイラストをあしらった小箱やパッケージに詰め合わせた。税別1190円。岡山、倉敷、福山市の直営8店などで販売する。

 小箱入りのセットは、1998年から「元祖きびだんご」「黒糖」「海塩」の3種類で販売。以前から別の組み合わせを望む声があり、小箱入りの「元祖きびだんご」発売25周年の節目にリニューアルを決めた。

 同社は「贈り物に最適な、岡山らしさをアピールできる商品に仕上がった」としている。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.