文字

伊方原発で大地震想定訓練、愛媛 ドローン使い避難経路確認

 フェリーで大分市の佐賀関港に到着した訓練の参加者=14日午前

 四国電力伊方原発の大地震を想定した防災訓練で飛行するドローン=14日午前、愛媛県伊方町

 愛媛県は14日、四国電力伊方原発(伊方町)で大地震による重大事故が起きたと想定し、周辺の山口県や大分県、内閣府などの約100機関計約2万3千人が参加する防災訓練を実施した。

 伊方原発は「日本一細長い」とされる佐田岬半島の付け根にあり、事故の際、原発よりも半島の先端側に住む約5千人が孤立する可能性がある。

 訓練では震度6強の地震が発生し、伊方3号機で全電源が喪失、放射性物質が放出されたと想定。「ドローン」1台を遠隔操作し、約800メートルのルートを2周飛行、付属のカメラで撮影した避難経路などの映像をリアルタイムで県災害対策本部(愛媛県庁)に伝送した。
カテゴリ:

【原発問題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.