文字

4大学生が熱くお薦め本アピール 就実大でビブリオバトル予選

お薦め本をPRする大学生

 お薦めの本の魅力をアピールし合い、読みたくなった本を決める知的書評合戦「ビブリオバトル」の全国大学大会の予選が11日、岡山市中区西川原の就実大であり、岡山県内の学生が“熱戦”を繰り広げた。

 活字文化推進会議が主催する「全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦」の予選で、就実大、岡山大(岡山市)、環太平洋大(同)、県立大(総社市)の4大学から学内予選を勝ち抜いた4人が出場した。

 学生たちは、会場の約30人を前に、1人5分の持ち時間で愛読しているエッセーや小説の面白さや感動を紹介。投票の結果、環太平洋大4年吉岡幹生さんが推した坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」が最多票を獲得し、「チャンプ本」に選ばれた。

 吉岡さんは「きれいなイメージのタイトルとは異なる妖しくも美しい世界に魅了された。全国大会でも面白さを伝えたい」と話した。

 全国大会は12月17日に東京で開かれ、吉岡さんら各ブロックを勝ち上がった36人が競う。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.