文字

高梁市図書館入館者50万人突破 県内初民間運営、8カ月超で達成

50万人目の入館者となり、近藤市長(右)から祝福される千葉君(右から3人目)

 民間企業が運営する岡山県内初の公共図書館として2月に開館した高梁市図書館(同市旭町)の入館者が28日、50万人を超えた。5月に当初の年間目標20万人を突破。上方修正した50万人もオープンから8カ月超で達成した。

 50万人目は、家族4人で訪れた総社市立維新小5年千葉大耀君(11)。近藤隆則市長らから花束や記念品を受け取った千葉君は「子ども向けの本が多くて月2、3回は来る。きれいな図書館で楽しい」と話した。近藤市長は「入館者に市内を回遊してもらい、経済活性化につなげたい」と述べた。

 2月4日オープンの同図書館は、市が約20億円かけて整備したJR備中高梁駅隣の複合施設に入居。レンタル大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(本店大阪)が、併設のカフェや書店などとともに運営を担う。

 年中無休で、午前9時~午後9時開館。蔵書数は12万冊。市によると、貸出冊数は約14万3千冊(9月末現在)で、旧高梁中央図書館の年間貸出冊数(2015年度約5万8千冊)の2・5倍近くになっている。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.