文字

中国六大学野球 岡山商大が逆王手 環太平洋大下し1勝1分け1敗

環太平洋大戦で8回1失点と好投した岡山商大の蔵本治孝=倉敷マスカット

 中国六大学野球秋季リーグ最終週第3日は24日、倉敷市のマスカットスタジアムで行われ、岡山商大―環太平洋大の3回戦は岡山商大が6―2で環太平洋大を下して1勝1分け1敗となった。25日の4回戦(午前10時開始予定、同スタジアム)で勝った方が優勝となる。

 岡山商大は三回に古田の二塁打や敵失で2点を先取し、投げては蔵本が8回を1失点に抑えた。

 吉備国大は東亜大に連敗し、5勝7敗(勝ち点2)で全日程を終えた。

 ▽2回戦(東亜大2勝)

東亜大
00101000001|3
00000020000|2
吉備国大
(延長十一回タイブレーク)

(東)仲宗根―長谷川
(吉)日浦、大杉、平井、石川―藤井
▽本塁打 服部(吉)

 ▽同(1勝1敗)

福山大
000000000|0
00004001x|5
徳山大

(福)柴垣、重村、渡辺、稲葉―藤原
(徳)森谷、林、清水―中熊
▽二塁打 黒岩、永富(徳)

 ▽3回戦(1勝1分け1敗)

岡山商大
002000004|6
000000011|2
環太平洋大

(岡)蔵本、前田、三宅―平
(環)西山、又吉、屋良、伊藤、大原―高祖、志賀
▽二塁打 古田(岡)沖繁(環)


■岡山商大の蔵本好投、窮地救う

 負ければ2季連続優勝が断たれる一戦にも、岡山商大の蔵本は堂々としていた。「重圧もなく投げられた」。8回1失点、無四死球の好投でチームの窮地を救った。

 8安打を浴びながらも、150キロを計測した自慢の直球にカーブやツーシームを随所で織り交ぜ、要所を締めた。最大のピンチは2点リードの八回。1点を失い、なおも1死二塁とされたが「開き直れた」とストレート勝負で後続を二ゴロと一邪飛に仕留めた。

 これで今季は3勝無敗。10季ぶりの頂点に立った春同様、勝ち点を左右するカードの第2戦を主に任される4年生は「普段通り、自分らしく真っすぐで押す」と平常心を貫くことで好結果を残している。この日も最も警戒していたという相手の4番高祖を3打席連続三振と力でねじ伏せた。

 エース近藤と二枚看板を張る右腕が本領を発揮し、春の王者が優勝に逆王手をかけた。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.