文字

ハンセン病特別法廷で謝罪決議 広島で中国地方弁護士大会

ハンセン病「特別法廷」について謝罪する決議案を可決した中国地方弁護士大会

 中国地方弁護士会連合会は13日、広島市内で開いた中国地方弁護士大会で、ハンセン病患者の裁判が瀬戸内市の国立療養所・長島愛生園、邑久光明園などの隔離された「特別法廷」で行われていた問題について、中国地方の弁護士が関与した責任を踏まえ「被害を受けた全ての方々に謝罪する」などとした決議案を可決した。

 岡山弁護士会が提出したハンセン病「特別法廷」の法曹の責任に関する決議案。今後は人権救済・回復のため一致協力して行動することへの決意を示したほか、最高裁に対しては特別法廷の違憲性を明確に認めること▽最高検には再審請求を含めた被害救済策を講じること―などを求めるとした。大会は会員や来賓ら約390人が出席した。

 大会に先立ち、来賓の中本和洋・日弁連会長が広島市内で記者会見し、日弁連としても大津市での人権擁護大会で6日に謝罪の決議をしたことに関連して「(こうした問題を)二度と起こしてはいけない」と強調した。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.