文字

県歯科医師会が被災者支援金寄託 山陽新聞社会事業団に148万円

目録を手渡す県歯科医師会の酒井会長(左)

 岡山県歯科医師会(岡山市北区石関町)は12日、東日本大震災と熊本地震の被災者支援金として、山陽新聞社会事業団(松田正己理事長)に計約148万円を寄託した。

 酒井昭則会長ら役員4人が山陽新聞社(同柳町)を訪れ「多くの被災者の支援につながってほしい」と松田理事長に目録を手渡した。松田理事長は「しっかり役立たせていただきます」と述べた。

 昨年10月から県内約千カ所の歯科医院に募金箱を設置し、1年間で東日本大震災に58万2030円、熊本地震に89万8539円の浄財が寄せられた。

 県歯科医師会は、東日本大震災が発生した2011年から毎年寄託している。両地震の被災者に向けた支援金の総額は、今回を含め1636万7096円となった。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.