文字

旧国鉄車両「キハ20」に乗車を 倉敷で水島臨鉄が15日イベント

多彩な限定グッズ。ポスターは「キハ20」とディーゼル機関車の三重連

 鉄道の日(10月14日)に合わせ、水島臨海鉄道(同市水島東栄町)は15日、老朽化で今年3月に引退した旧国鉄車両「キハ20」の特別乗車体験や限定グッズの販売など記念イベントを開く。

 キハ20の体験乗車券付きフリー切符は、倉敷市駅で当日午前7時半から販売(先着300枚)する。キハ20は倉敷貨物ターミナル駅(同市水島西通)構内をディーゼル機関車2両との“三重連”で走行。座席据え付けの栓抜きを使う瓶ジュース栓抜き体験もできる。撮影会(午後1時半~2時)には誰でも自由に参加できる。

 限定グッズはカレンダーやマグカップなどの新作を含め約10種類を用意し、倉敷市駅と倉敷貨物ターミナル駅で違う種類を販売。秋冬限定で走行する昭和40~50年代製造のキハ30系を早期特別運行するほか、キーホルダーやタンブラー、鉛筆などが必ず当たるくじ、記念スタンプなども用意されている。

 同鉄道は栄駅(同市水島東栄町)西側に臨時駐車場を設け、同ターミナル駅に近い三菱自工前駅への臨時停車も増やして対応。「ディーゼル機関車と気動車の連結は珍しい。幅広い世代に楽しんでほしい」としている。

 鉄道の日は、日本初の鉄道開業(1872年10月14日)を記念し、1922年に当時の鉄道省が制定した。
カテゴリ:

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.