文字

過労死NHK記者の両親会見 「二度とないこと願う」

 2013年7月に長時間労働が原因で過労死したNHK首都圏放送センターの佐戸未和記者=当時(31)=の両親が13日、東京都内で記者会見した。母親は「娘はかけがえのない宝、生きる希望、夢、支えだった。娘の苦しみを背負う人が二度と現れないことを切に願っている」と述べ、NHKに再発防止の徹底を求めた。

 NHKは未和さんの過労死を今月4日に公表したが、両親は事前にNHKに過労死の事実を内部で周知するよう求めていた。父親は「局内できちんとけじめがつけられていないと考えていた。職責を全うして倒れた未和の足跡が何も残らず過労死も伏せられたままとの危機感があった」とした。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.