文字
  • ホーム
  • 国内外
  • 主要
  • 防衛相、沖縄米軍ヘリ事故で見解 同型機運用停止「期間定めずに」

防衛相、沖縄米軍ヘリ事故で見解 同型機運用停止「期間定めずに」

 沖縄県東村に不時着、炎上した米軍のCH53Eヘリコプターを調べる米兵ら=13日午前10時13分

 沖縄県東村高江の民間地で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、小野寺五典防衛相は記者団に13日、県内駐留の同型機を4日間、運用停止するとした在日米海兵隊の方針に対し「期間をあらかじめ定めずに原因と安全が確認されるまでの間の運用停止が必要」との見解を示した。

 小野寺氏は、シュローティ在日米軍副司令官との12日の会談に基づき運用停止期間は決まっていないとの認識を示した。小野寺氏が「(停止期間は)安全確認できるまでの間ということでいいか」と尋ね、シュローティ氏は「その通りだ」と応じたという。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.