文字

岡山市が越・カントー市と交流 共同声明調印、産業や観光で促進

共同声明に調印し、握手する大森市長(右)とヴォ氏

 ベトナム・カントー市の市長に相当するヴォ・タン・トン人民委員会委員長らが12日、岡山市役所に大森雅夫市長を表敬訪問し、両市の交流促進に関する共同声明に調印した。

 カントー市の行政や大学関係者ら29人が来岡。共同声明は、産業や観光、農業などの分野で相互に理解を深めるという内容で、ヴォ氏は「経済をはじめ、さまざまな面で協力関係を強化できると期待している」とあいさつ。大森市長は「交流が今後、さらに促進されることを望んでいる」と述べた。

 ヴォ氏は5月、ベトナムの前国家主席が来岡した際に同行。都市の規模などから岡山市との経済交流に関心を持ったという。一行は岡山に15日まで滞在し、カントー市への進出を呼び掛けるセミナーに参加したり、地場企業や福祉施設を視察したりする。

 カントー市はベトナム南部に位置し、人口約120万人。ハノイやホーチミンなど同国に五つある中央直轄市の一つで、農業が盛んなほか、工業団地の整備も進んでいる。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.