文字

パレスチナ和解成立 分裂解消に前進、実行が鍵

 12日、和解が成立し、握手するイスラム原理主義組織ハマス(左)とパレスチナ自治政府主流派ファタハのメンバー=カイロ(共同)

 【カイロ共同】パレスチナの分裂状態解消を目指し、和解協議を行っていた自治政府主流派ファタハとイスラム原理主義組織ハマスは12日、エジプトのカイロで共同記者会見し、和解成立を発表、パレスチナ自治区全体の統治が12月1日までに「国民和解政府」に引き継がれると表明した。

 ハマスが2007年に自治区ガザを実効支配し、自治政府が統治するヨルダン川西岸との分裂状態が続いてきた。解消に向けた前進だが、合意を実行できるかが鍵となる。

 焦点となっていたハマスの軍事部門解体には踏み込まず、対イスラエルの武力行使の是非をパレスチナの総意に基づいて決定することで一致した。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.