文字

米田和が古里倉敷で初の九谷焼展 「水墨調の絶妙な筆致」80点

 水墨画を思わせる墨色の絵付けを施した花器を得意とし、「日本伝統工芸展」でも受賞経験を持つ倉敷市出身の九谷焼作家米田和(67)=石川県能美市=が、倉敷市玉島中央町の遊美工房で、初の“里帰り展”を開いて ...

この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。
カテゴリ:

【文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.