文字

岡山市の教員採用候補者161人 市教委が18年度試験結果公表

 岡山市教委は10日、2018年度公立学校教員採用試験の結果を発表した。来春の採用候補者は前年度と同じ161人で、最終倍率は4・0倍だった。

 内訳は、小学校90人(倍率3・2倍)、中学校50人(同5・0倍)、養護教諭6人(同8・2倍)、小中両方の免許取得者を対象にした「小中連携推進枠」は15人(同3・3倍)で、いずれも前年度と同数だった。

 市教委学事課は「力量だけではなく、情熱や人間力を兼ね備えたバランスの良い人材の確保を心掛けた。教育水準の向上につなげていく」としている。

 国の制度改正で17年度から教職員給与の県費負担分が政令市負担になったのを機に、岡山市教委は県教委と共同実施してきた採用試験を単独で行っている。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.