文字

1500メートルの日本勢は敗退 ショートW杯第3日

 女子1500メートル準決勝で敗退した神長汐音=ドルトレヒト(共同)

 【ドルトレヒト(オランダ)共同】スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第2戦第3日は7日、オランダのドルトレヒトで行われ、男女とも1500メートルの日本勢は準決勝で姿を消した。

 女子で18歳の神長汐音(長野・小海高)は3組、斎藤仁美(オーエンス)は2組でいずれも6着と敗退。男子で18歳の吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)と渡辺啓太(阪南大職)も、ともに組6着に終わった。

 男子5000メートルリレーで坂下里士、横山大希(ともにトヨタ自動車)吉永、渡辺の日本が準決勝2組で1着となり、決勝に進出した。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.