文字

「両備『猫社員』へ就活中ニャ」 岡電のミュージアムに子猫が居候

子猫と触れ合う小嶋代表

 両備グループ・岡山電気軌道の「おかでんミュージアム」(岡山市)で子猫が愛嬌(あいきょう)を振りまいている。同グループは和歌山電鉄の三毛猫駅長をはじめ、これまでに5匹の猫社員を採用しているが、駅長へのハードルは高く、子猫は今のところ、居候の扱いとなっている。

 子猫は雌で6月、同市内で岡電社員が保護した。今は社員の家で暮らし、毎日ミュージアムに出勤している。名前はまだなく、猫社員への“就職活動”として、専用スペースで来館者を出迎えている。

 同グループの小嶋光信代表によると、歴代駅長とその見習い計3匹はいずれも仕事好きで、駅長帽をかぶれる「三毛猫」。三毛ではない、しま模様の子猫は持ち前の人懐っこさで“例外”となるか―。「もう少し様子を見て処遇を決めたい」と言う小嶋代表の目尻は下がりっぱなしだ。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.