文字

学芸館が倉敷商を下し初の頂点 秋の岡山県高校野球、3位は山陽

【学芸館―倉敷商】4回表学芸館1死二、三塁、野原が右前打を放ち、1―0と先制する。投手井上、捕手但野=倉敷マスカット

 秋の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)最終日は7日、倉敷市のマスカットスタジアムで決勝と3位決定戦があり、決勝は学芸館が4―1で倉敷商を下し、初の頂点に立った。3位決定戦は、今夏の甲子園に出場した山陽が10―7で創志学園に逆転勝ちし、27年ぶり2度目の中国大会出場を決めた。

 来春のセンバツの参考資料となる中国大会は27~29日、11月4、5日、尾道市のしまなみ球場などで行われ、既に出場を決めていた学芸館、倉敷商など5県から16校(開催県の広島は4、他は3校)が参加する。組み合わせ抽選は20日。

 ▽決勝

学芸館
000201100|4
000001000|1
倉敷商

 【評】学芸館は危なげなかった。四回1死二、三塁、野原の右前打で先制し、2死後、北木の左前適時打で2点目。六、七回に挙げた追加点も大きかった。下位までまんべんなく計18安打を浴びせたが、残塁13を数えた点は課題だ。左腕倉川は直球に切れがあり、自責点0で完投した。

 倉敷商は打線が力負けし、中江の中犠飛による1点のみに終わった。

 ▽3位決定戦

創志学園
010402000|7
01020520X|10
山陽

▽三塁打 岡本(創)▽二塁打 金谷2、中山、利光、森下▽暴投 秋久2、有本、森下▽ボーク 有本▽捕逸 横関

 【評】13安打の山陽が逆転勝ち。3―7の六回は3四死球に単打5本を絡めて一挙5点。2死満塁で左前へ同点打を転がした井元ら振りが鋭かった。七回は2死無走者から小野剛、利光、森下の3連続短長打で決定的な2点。5点を失った主戦有本は本調子ではなかったが、六回から救援した森下が流れをつくった。

 創志学園も11安打を放ったが、一回1死三塁を逃すなど畳み掛けられなかった。
カテゴリ:

【高校野球】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.